ESP-WROOM-02 ドライバ書込み編

imgp6097

一般的な内容ですが、Arduino IDE を使った、
ドライバ書込み手順となります。

*)
USB-UART アダプタを使用して、書込み回路から
書き込む方法となります。
[参考] FTDI社チップ互換のモジュール
FT232RL USBシリアル変換モジュール
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-01977/

# 環境
Arduino IDE 1.6.11
ESP8266 Arduino core : 2.2.0

*) ESP8266 Arduino core の設定方法は、省略します。

# SDK
https://www.arduino.cc/en/Main/Software
から入手

# 配線
[MK-PKBN-032] を使った、配線となります。
*1) WIFI側の下側からのピン番号表記
*2) 事前に、に[JP1] 0番( IO 0) のジャンパを、左 – 中央
に結線しておくと、書込み可能[ UART DownLoad Mode ]に変更できます。

入力電源は、電池BOXから配線した場合です
#1 : GND
#2: 5V

ESP-WROOM-02 UART アダプタ
GND GND
RX TX
TX RX

 

# Arduino IDE の書込み、
*) win7の場合の手順です。
1) スケッチを開き
2) ボード選択
[ツール] – [ボード]に、 Generic ESP8266 Module
を選択。
*) ESP8266 Modules 近くにあります。
3) シリアルポート
UART アダプタを接続した COMポート番号
*) win- デバイスマネージャで、確認できると思います。
4) マイコンボードに書き込む
画面の 左上あたりのボタン (右矢印)

*) 完了したら、起動設定を変更し、
に[JP1] 0番( IO 0) のジャンパを、中央 – 右 (FLASH Boot Mode)
に変更して、再起動下さい。

ss-ide-1004a1

 

# 関連の記事 ESP8266 Arduino core
技適済み格安高性能Wi-FiモジュールESP8266をArduinoIDEを使ってIoT開発する為の環境準備を10分でやる方法
http://qiita.com/azusa9/items/264165005aefaa3e8d7d