ドライバ書込み手順、7セグメントLED 2桁+ マイコン基板

USB-UART アダプタを使用して、書込み回路から
書き込む方法となります。
[参考] FTDI社チップ互換のモジュール
FT232RL USBシリアル変換モジュール
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-01977/

# download
https://github.com/kuc-arc-f/SevenSeg_2dig_v1

1) bin形式を書込み可能です。
/mbed/SevenSeg_senTmp2_v3/bin/SevenSeg_senTmp2_v3_LPC1114.bin

2) ソースコードは
src/下 に配置しています。

テスト

組立て後、PCからテストする場合、参考下さい。

電源=3.3V供給すると、単体で動作可能です。
UART経由で、温度センサ値が表示されます。

a) 配線
[組立て手順 2桁] の、中継基板との配線を参考下さい。

IMGP5421

b) テスト、シリアルコンソール等を使用。

Arduino SDK (windows)の シリアルコンソールした場合です。
通信速度 =9600
改行設定= CRおよびLF
を設定下さい。

プロトコル仕様は、
ヘッダ: tmp= (先頭 4バイト固定)
データ= 5バイト目移行
終端 = CR+LF

ss-7seg2-fwWrite-0422a3

# 関連する記事

LPCマイコンへの書き込み の関連です
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1412/18/news017.html