mkuBoard-45 ドライバ書込み編

Arduino IDE を使った、ドライバ書込み手順となります。
主に配線方法を記載しています。UARTアダプターを使用
ピン配置は、詳細ページを参考下さい。
UARTポートは、ATmega328/ ESP-WROOM-02 で2組ありますので、ご注意下さい。

# ATmega328P 書込み

*) Atmegaのデジタル ピン(左側の列)は、仮配線でソケットをハンダづけしていない為、
クリップで接続していますが、ソケット類を装着した場合は、通常のジャンパ配線で構いません。

IDE :Arduino IDE 1.6.11

imgp6284

ATmega328 UARTアダプター
RXD TX
TXD RX
DTR DTR
GND1 GND

Arduino IDE:
ボード: Arduino Pro or Pro Mini
プロセッサ : ATmega328 (3.3V, 8MHz)
シリアルポート : 接続したUARTポート(例: COM9 )

[ マイコンボードに書き込む ] 実行します。

# ESP-WROOM-02 書込み。

IDE: Arduino IDE 1.6.11
ESP8266 Arduino core : 2.2.0

事前に、
1) 0番( IO 0) のジャンパを、左 – 中央
に結線、書込み可能[ UART DownLoad Mode ]に変更して下さい。
2) 電源を供給

imgp6287

 

ESP-WROOM-02 UARTアダプター
RX TX
TX RX
GND1 GND

Arduino IDE:
ボード: Generic ESP8266 Module
シリアルポート : 接続したUARTポート(例: COM9 )

[ マイコンボードに書き込む ] 実行します。

===========
*)
# Over The Air(OTA /無線) 書込み関係の、内容を追記しました。
http://kuc-arc-f.com/make/?p=1136