mkuBoard-44 (ESP-WROOM-02 +MCU搭載)

imgp6359

[ MK-PKBN-044 ]
販売開始:  2016/12/23
価格: 1490 円

# 販売ページ (外部サイト)

[ STORES.jp ]

PayPal も利用可能です。


 

技適を取得している、ESP-WROOM-02を搭載し、
周辺デバイス制御用のAtmega328P-AU(arduino)も追加している。
中級者向けIoT用マイコンボード的な使い方を想定した機種となります。
ドライバーは両方のコントローラに、UARTアダプターで書き込む必要があり
コントローラ間通信は、softWareSerial(UART)で可能です。

# 特徴

1) 比較的ピン数が多く、拡張性が高い。
2) ATmega側は、Esp8266のビルド速度が遅い面に対して、比較的 早めとなります

#仕様/機能

基板外形寸法: 50×50 mm
動作電圧: 3.3V
入力電源: 5V 1A程度 (推奨)
通信: UART, I2C
基板Ver : 2  ( 2017/01/11 移行の出荷品 )

[ATmega側]
ADC : 最大 4本 (*1
デジタル: 12本 (*2
クロック周波数: 外部クロック 8MHz

*1) I2C(A4/ A5)を使う場合は、最大2本
*2) UART(D0 / D1)  を使う場合は、最大 10本
*) esp8266は、主にデータ通信とし、IO ピンは少なめとなっております。

# コントローラ間通信 UART (SoftwareSerial)
下記を結線しています。
ATmega328: D5/ D6
esp8266: IO5 / IO4

uart-45-1222a2

# ピン配置、ジャンパ設定

pin-44-1222a1

 

# esp8266 – 起動モード切替
ESP-BOOT : IO 0(0番)の起動モード切替
FLASH Boot Mode: 中央、右をジャンパ結線。
UART DownLoad Mode: 中央、左をジャンパ結線。

# 回路図 PDF
https://github.com/kuc-arc-f/mkuBoard-044-2B_pdf

# ドライバ書込み手順
http://kuc-arc-f.com/make/?p=1096

# サンプル ドライバー
http://kuc-arc-f.com/make/?p=1116

 


# 作例サンプル集 ( mkuBoard-44 / mkuBoard-45)
http://kuc-arc-f.com/make/?p=1199