Document > [ blog-5 ] setup

[ blog-5 ] setup

15年 4月 22日 10:53

[ Setup ]
# Parse.com 側
Parse.com のサインアップ、アプリ作成
接続key などの取得

# Key取得

[Dashbord] – [アプリ選択] – [Setting]
左側に [ Keys ]あります。
Application ID
JavaScript Key
REST API Key  をメモ下さい

# マイコン
[ARDUINO]
download http://kuc-arc-f.com/agri/?download=blog-5
[ARDUINO Code] を取得
mc-typ-13/mc-typ-13.ino を開き設定します。

parseのApplication ID、REST API Key  設定下さい
String mAppKey=””;
String mRestKey=””;

マイコンID,初回1台目は、1で良いです。
String MC_ID =”1″;

*) 転送機能を自社クラウドなどに設置する場合は、DNS設定下さい。
char server[] = “dns123.com”; //DNS
*) 長期的にしようする場合は、自社クラウドなどに設置下さい。

転送機能APIを自社クラウドなどに設置する場合 http://kuc-arc-f.com/agri/?doc=blog5-1-b

#コンパイル
ARDUINO SDK でコンパイルして、マイコンボードに書き込む。

約300秒(5分)後に、送信開始します。

 

================ update 2015-04-23 ======================
回路図(参考)を追加しました。

=========================================================

parse.com 管理画面データの表示
[Dashbord] – [アプリ選択] , 上の[Core]選択
左列に[SenObject1] をクリック

 

# 表示系webアプリ ダウンロード http://kuc-arc-f.com/agri/?download=blog-5
[実績表示アプリ]ダウンロードし、解凍。
js-sensor-parse/js/app_sensor.js を開き

var mAPP_ID=”; ( Parse.com のApplication ID)
var mJS_KEY =”; ( Parse.com のJavaScript Key)
var mMC_ID= 1; マイコンID ( ARDUINO マイコン-コンパイル時に設定したID)
を設定

#表示

表示系 / 表形式のセンサ値 (下段)

sensor.html ファイルをブラウザで開くと、クラウド側のセンサ値(グラフも)表示可能です。



Copyright 2015, KUC architect fukuoka

developer