Blog > [ blog-3 ] Parse for Internet Of Things (Parse for IoT)を試してみる。 (コラム)

[ blog-3 ] Parse for Internet Of Things (Parse for IoT)を試してみる。 (コラム)

15年 4月 15日 13:09

[概要]

コラム記事 的な内容で、
センサなどのデバイス連携部分まで実装してませんので、あくまで最近のIot動向記事程度の内容です。
*)栽培の自動化、に直結した内容はないのですが、
raspberryなどの超小型PCから、クラウド連携する機能の開発で今後活用できそうに見えますので。
メモです

[内容、調べた理由など]
最近、Parse for Internet Of Thingsの記事を見かけましたので調査してみました。
実態は、Parseが開発したIot向けのSDKのようです。
先日のfacebook F8 カンファレンスの内容の一部かと思います
*)調べた、まとめ記事
http://jp.techcrunch.com/2015/03/26/20150325everything-you-need-to-know-from-todays-facebook-f8-announcements/

まず推奨デバイスが、ARDUINO YUN との事で、手元にないので(安価でない気もします)
探したpraseのブログ記事の
http://blog.parse.com/2015/03/25/connecting-hardware-with-the-cloud-parse-for-iot/

embedded系の記事で、raspberryで使えそうなSDKで、Cのコード見つけましたので、試してみました。
https://parse.com/apps/quickstart#embedded/raspberrypi

数行書けば、クラウドにデータ保存、push通知も可能みたいな内容みたいです。
*)
[blog-2] プッシュ通知で、水分センサ値から給水要求を受ける、で
http://kuc-arc-f.com/agri/?blog=blog-2
Parse活用した、マイコンからのセンサ値のデータ保存、モバイルへpush通知機能を実装してますので、
参考頂ければと思います。

[ Iot: 試した内容 ]
# setup (事前にアプリの登録が必要)
Quick Start https://parse.com/apps/quickstart#embedded/raspberrypi
での手順に従って、install します。サンプルProjectも取得しておきます、

# test
記載されている、Save an Object の下のコードをコピペし、ビルド実行すると
parseに登録されました。クラス「TestObject」

# push
push関係のコード追加し、
./quickstart を起動すると、待機状態になるようで

[Test]ボタンを押すと、push通知されました。
*) [Test Your Changes!]の下



Copyright 2015, KUC architect fukuoka

developer